脱・霜降り、統一規格も…「熟成肉」まとめ 読売新聞

農林水産省は、赤身肉ブームの火付け役となった牛の「熟成肉」に、規格を設ける検討を始めた。深いうまみが特徴の熟成肉は、提供する飲食店などが急速に増える一方で、品質や衛生管理にばらつきが出始めていた。一定の公的な規格を設けることで、消費者の安心を促すほか、普及を後押しする狙いがある。(2015年08月14日)

http://www.yomiuri.co.jp/matome/20150814-OYT8T50038.html